家電リサイクル券システム
取扱店(者) 各位
家庭用「電気冷凍庫」の対象品目への追加についてのご案内

一般財団法人家電製品協会
家電リサイクル券センター

 日頃は、家電リサイクル券システムにご理解ご協力をいただき、誠に有り難うございます。
さて、特定家庭用機器再商品化法(家電リサイクル法)施行令の一部を改正する政令が公布され、平成16年4月1日より、特定家庭用機器に「電気冷凍庫」が「電気冷蔵庫」と同じ区分で追加されることになりました。
 つきましては、改正の概要ご案内と併せ、家電リサイクル券用紙の記載方法など、以下のとおりで運用いただきますようお願い申し上げます。
(1) 今回改正の特定家庭用機器の対象について
 
<従来> <今回>
一、 一、
二、 二、
三、 電気冷蔵庫 三、 電気冷蔵庫及び電気冷凍庫
四、 四、

※平成16年4月1日より、従来とおり4品目のままで「三、」の電気冷蔵庫に電気冷凍庫が追加となります。電気冷凍庫は家庭用であればチェスト形、アップライト形、引出し形いずれも対象です。なお、冷凍ショーケースなど業務用の電気冷凍庫は対象外ですのでご注意ください。
 
(2) 再商品化等料金について
  詳しくは、3月下旬に各取扱店(者)様宛に発送予定の「家電リサイクル券システム運営マニュアル(合本)改訂版」に同封の「リサイクル料金(再商品化等料金)一覧」でご案内しますが、電気冷凍庫専業の製造業者等の追加や一部の社において平成16年4月1日付で再商品化等料金の改定が予定されております。
上記「リサイクル料金(再商品化等料金)一覧」又は平成16年4月1日以降の家電リサイクル券センターのホームページでご確認いただきますようお願い申し上げます。
 
(3) 家電リサイクル券用紙の記載方法について
  現在お手元にある家電リサイクル券用紙の品目欄の記載は、「冷蔵庫」となっておりますが、平成16年4月1日以降に排出者から電気冷凍庫を引取る場合は、現状の「冷蔵庫(30)」欄に「レ」でチェック(料金郵便局振込方式の家電リサイクル券の場合は、品目コード欄に、「30」と記載)いただくことでそのまま使用できます。また、平成16年4月以降は、家電リサイクル券用紙の品目欄の記載を、順次、「冷蔵庫(30)」から「冷蔵庫・冷凍庫(30)」に変更して印刷する予定です。
以 上