一般財団法人 家電製品協会

一般財団法人 家電製品協会 家電リサイクル券センター

家電リサイクル券センター

  1. 自治体の方へTOP
  2. 自治体用券の記入方法

自治体用券の記入方法

家電リサイクル券(自治体用券)の記入方法は以下の通りです。

  • 自治体用券は、ボールペンなど、消しゴムなどで消せない筆記用具を使用してください。
1「交付日」の記入

自治体の場合、交付日の欄は必須項目ではありませんので、廃家電を指定引取場所に引き渡す予定日等を記入するなど、メモとしてご利用ください。年は西暦で記入下さい。
例)2018年4月1日

2「品目」欄に、品目名を記入

「エアコン」、「テレビ」、「冷蔵庫・冷凍庫」、「洗濯機・衣類乾燥機」の4品目のいずれかの名称を記入してください。また、テレビの場合、[  ]内に「ブラウン管式」又は「液晶・プラズマ式」を記入してください。
例)テレビ[ブラウン管式]

  • テレビの場合、「ブラウン管式」と「液晶・プラズマ式」は用紙を分けて記入となります。
3「指定取引場所」欄に「A」又は「B」と記入(従来とおり)

製造業者等はAグループとBグループに分かれているため、「A」又は「B」と記入した上で、同じグループの廃家電を自治体用券用紙に記入してください。一つの自治体用券用紙でAグループとBグループの廃家電を混在して記入しないでください。
指定引取場所ではAグループとBグループの廃家電を引き取りますが、引き取った後、Aグループ又はBグループの各リサイクルプラントに運搬するため、混在させることができないためです。
従って、「A」と記入の場合は、自治体用券の右欄の「製造業者等欄」はAグループの製造業者等以外は記入できません。「B」の場合は、Bグループ及び指定法人グループとなります。

  • Aグループの製造業者等のコードは「1XX」、Bグループの製造業者等のコードは「3XX」、指定法人グループは「5XX」、「7XX」又は「9XX」となっています。指定法人(その他)「999」は現在、「Bグループ」に再商品化等の業務を委託しています。

お願い
平成21年10月より、全ての指定引取場所において、Aグループ、Bグループどちらの廃家電も引取可能となり、どこの指定引取場所での一括引き渡しが可能になっています。
但し、自治体用券の記入は、従来とおりA、B別に用紙を分けて記入をお願いいたします。

4「料金区分」欄への記入

ブラウン管式テレビ、液晶・プラズマ式テレビと冷蔵庫・冷凍庫の製造業者等の中には、再商品化等料金をサイズ等別で「大」「小」で分けている社があります。
料金区分のない製造業者等の場合は、「区分なし」の左横の□欄に「レ」を記入し、料金区分のある製造業者等の場合、「大」の区分に該当するときは「大」の左横の□欄に「レ」を、「小」の区分に該当するときは、「小」の左横の□欄に「レ」を記入ください。

  • 大・小の料金区分の内容は、自治体用券の最終枚目裏面を参照ください。
  • サイズ等別料金設定の社とそれ以外の社及びその料金額については、家電リサイクル券センターのホームページの製造業者等別の再商品化等料金表でご確認ください。
  • 料金区分のない品目の場合、料金区分欄は記入しないでください。
5「製造業者等名」欄に、加入製造業者等名を記入

主要な加入製造業者等12社の場合は、製造業者等名称の左側の□欄に「レ」を記入して下さい。表面記載の12社以外の場合は、「その他」欄に「製造業者等名」と「製造業者等コード」を記入ください。

  • 表面に記載された12社以外の製造業者等の名称・コードは自治体用券の③現品貼付用片の裏面に記載されていますが、最新版は家電リサイクル券センターのホームページに掲載しておりますので、併せてご確認ください。
  • メーカーのロゴタイプで製造業者等を確認する場合は、「家電リサイクル券システム運用マニュアル(合本)」の「リサイクル料金(再商品化等料金)一覧」をご参照ください。

自治体用券1部に記入可能なものは、同じ品目(テレビの場合は「ブラウン管式」と「液晶プラズマ式」も別の用紙になります。)で同じグループの製造業者等のみです。

  • 1部の自治体用券にA、Bグループの製造業者等を混在して記入することはできません。
    Bグループと指定法人関係は同じBグループの指定引取場所となりますので、双方混在した記入は構いません。

こんなときは

記入を誤った場合は、「=」で消して正しい内容を再度記入の上、訂正部に訂正印を押印(訂正印は①~③片全てに押印ください。訂正印は自治体のご担当者印で結構です。)。または、記入を誤った「製造業者等欄」部分全体に大きく「×」を記入して、新たな未使用の部分に記入いただいても結構です。

券用紙で使用しなかった製造業者等欄の部分(6件の内、記入しなかった部分)は、使用しなかった「製造業者等欄」部分全体に大きく「×」を記入ください。
使用しなかった部分の現品貼付用シールは必ず破棄ください。