一般財団法人 家電製品協会

一般財団法人 家電製品協会 家電リサイクル券センター

家電リサイクル券センター

  1. 自治体の方へTOP
  2. 入会後の利用手順

入会後の利用手順

入会後の利用手順について

  1. Step1
    自治体用券のお届け

    入会審査完了後から1週間程度で、当該自治体の担当部署へ当該自治体の名称等が印刷された専用の自治体用券(入会申込書に記入した初回申込数)が届けられますので、届いた時点から使用可能です。
    なお、自治体用券が少なくなってきたら「自治体用券用紙の追加注文書」を使用して自治体用券を追加発注できます。この場合、1週間から10日間程度、要することもありますので、早めの発注をお願いいたします。

  2. Step2
    廃家電の持込み

    不法投機廃棄物や災害廃棄物を製造業者等が指定している指定引取場所に自治体用券と共に持込めば、当該廃家電と自治体用券の記載内容を1台ずつ、確認した上で、間違いが無い場合に指定引取場所で引き取ります。間違っていた場合、担当者の訂正印で自治体用券が訂正されれば、引き取ります。
    ただし、パソコン用モニターや業務用の廃家電の場合、家電リサイクル対象外の場合は引き取れませんので、持ち帰っていただきます。なお、自治体用券の記入方法は「リサイクル券の記入方法」を参照ください。

  3. Step3
    お支払い

    指定引取場所へ持込まれた廃家電については、月末締めで集計し、持込月の翌月初旬に請求書を当該自治体の担当部署もしくは指定された送付部署へ郵送しますので、受領後、持込月の翌月末日までに指定された銀行口座に振込んでいただきます。平成28年4月から振込み期日が翌月の末日に変更されました。
    なお、請求書が複数ページに跨がる時、全てのページはA4版の大きさの折目で折られ、各ページは連続した1枚の用紙で作られているので、切り離さないでください。
    また、締日の翌々日からRKCのホームページの「小売業者の方へ」の中の「取扱店システム」から当該自治体の請求情報(Excel形式)をダウンロードできます。ログインID及びパスワード等の詳細については、協会事務局(電話:03-6741-5605)までお問合せ願います。

入会後のフォロー

自治体担当者の登録状況確認作業(毎年6~7月頃)

自治体の担当部署名及び担当者名を定期的に確認するため、家電リサイクル券センターより毎年6月から7月にかけて登録内容調査をFAXにて実施していますので、ご協力をお願いいたします。住所・部署名等の変更が発生すると、請求書の送付先に影響を受けるため、調査を実施しています。
なお、この時期に限らず、変更等が発生しましたら、当協会(03-6741-5605)までご連絡をお願いします。

ご注意

廃家電それぞれに「現品貼付用片シール」を貼付

現品貼付用片の中の現品貼付用シールは、6つの部分ごとにスリットが入っています。丁寧に剥がして、廃家電を前から見て、本体右側面の上部付近に貼付ください。(液晶・プラズマ式テレビの場合は、本体背面から見て、本体背面の左側上部付近に貼付ください。)

  • テレビの画面部分には貼付しないでください。
  • エアコンは室外機に貼付ください。室内機はセットの室外機がわかるようにしてお持ち込みください。
    例)セットの室内機と室外機を紐で結ぶか、セットの室外機と室内機それぞれにマジックで「A」等と記載するなど、指定引取場所で引き渡す時にお互いが確認しやすいようにお願いします。

エアコンの運用について

不法投棄等で集められたものは室外機又は室内機のみで回収される事が多いです。自治体用券では、室内機1台と室外機1台の「製造業者等」が同じであれば、「セット」と見なすこととします。
例)集積場所に「Y社」の室内機が2台あり、同じく「Y社」の室外機が1台あった場合、計3台の内、室外機と室内機各1台は1セットとして扱います。
なお、室外機又は室内機いずれか片方だけで引き渡した場合も、1セット分の再商品化等料金での請求となりますのでご留意ください。

異物の除去

本体内の異物は除去してから引き渡してください。特に冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機の内部をご確認ください。
また、洪水等で土砂が本体内に入り込んでいる場合は、必ず、土砂を洗い流してください。

指定引取場所での引き渡しについて

事前確認

指定引取場所への運搬の前に、自治体用券記載内容と廃家電及び現品貼付用片の各シールが合っているか、照合・確認をお願いします。
自治体用券の記載内容と廃家電及び現品貼付用片のシールが不一致の場合は訂正することが可能ですが、訂正できない場合、一旦、引き取りをお断りし、正しい内容の自治体用券で、再度引き渡しをお願いする場合があります。

廃家電とともに「自治体控」片と「指定引取場所控」片の双方を提出

指定引取場所で引き取りが完了したら、自治体控片の左下にある「指定引取場所引取印」欄に指定引取場所が押印の上、持込者に返却します。この自治体控片は引取済である事のエビデンスとなりますので大切に保存ください。

  • 許可業者に運搬を委託する場合は、委託した許可業者に自治体控片の自治体への返却を必ず行うよう、ご徹底ください。

引き渡しでのお願い

引き渡し数量が多い場合は、事前に指定引取場所に電話をして引き渡しの予定日などを調整していただくと、スムーズな引き渡しが行えます。ご協力をお願いします。

  • 特に、大型量販店等からの大量引き渡しと重なると待ち時間が掛かることがあります。

問い合わせ先

一般財団法人家電製品協会 家電リサイクル券センター宛
電話:03-6741-5605 FAX:03-3595-0762